サステナビリティ推進体制

印刷をする

サステナビリティ基本方針

カーリットグループは、経営理念《信頼と限りなき挑戦》の下、モノづくりやサービスの提供を通じて社会課題の解決に貢献し、「持続可能な社会の実現」を目指します。

サステナビリティ推進体制

【推進体制】

当社は代表取締役社長を委員長、取締役・執行役員の全員と社外監査役を委員とする、取締役会の監督の下でのグループESG推進委員会を設置し、活動を推進しています。
年3回開催する本委員会において、当社グループが標榜する「ESGと利益ある成長」の実現に向け、ESG推進に関する方針・戦略・計画・施策の検討・立案、グループ各社のESG課題の抽出と強化・改善に向けた方策の明確化等の審議を行っています。事務局は広報・ESG推進室が担い、審議された内容は適宜グループ経営戦略会議・経営会議・取締役会に報告されます。取締役会においてそのKPI設定を含むサステナビリティ課題への積極的・能動的な議論を推進します。
また、ガバナンス委員会、コンプライアンス委員会、グループリスクマネジメント委員会等によりESG推進の強化を図っています。
当社はESGへの取り組みの拡充につなげるべく、「モノづくりやサービスの提供を通じたサステナビリティ」を軸に、「人権・人財・職場環境」「情報開示」「ガバナンス」「コンプライアンス」「環境保全」「安全対策」「品質保証」「地域貢献」をCSR基本方針として掲げています。
推進・実行にあたり、基本方針ごとに推進責任者を設け、CSR推進責任者会議を定期的に開催し、各方針の強化に向けた年度ごとの活動目標の設定やその振り返り等の討議を行い、これらの結果を統合報告書「カーリットレポート」にて開示しています。
また、グループ全社にCSR推進担当者を置き、CSR推進担当者会議を定期的に開催し、気候変動関連を含む各社の課題の抽出、活動状況の報告等の情報共有を行っています。
両会議の結果はグループESG推進委員会に報告され、持続可能な社会の実現に向けたグループ一丸となっての推進強化に注力しています。

【推進施策】

株主をはじめとするステークホルダーの皆さまに当社グループのサステナビリティへの取り組みについてのご理解を深めて頂けるよう、対話の一層の促進と、コミュニケーションツールである統合報告書「カーリットレポート」の内容の充実を図ることに注力してまいります。
また、従業員が自社のサステナビリティ活動の方針や考え方を理解することが重要であると考えています。海外を含む全拠点を対象としたCSR推進研修、全従業員に向けたガイダンス動画の配信、社内報へのSDGs・CSR関連情報の定期的な掲載等を通し、啓蒙を促進しています。これらにより、従業員全員がサステナビリティを「自分ごと」として捉えられることを目指します。

【ESG推進体制図】
ESG推進体制図